ヒューリスティクスとは、複雑な計算を省いて近似的に答えを出すこと

ヒューリスティクス(heuristics)とは、厳密な議論や面倒な計算をせずに、近似的に妥当な答えを出そうとすることだ。

 

ヒューリスティクスは計算機科学(コンピュータ科学)で使われる用語だ。

 

計算機で何か計算を行う際に、厳密に計算しようとすると、膨大な時間ともの凄いマシンパワーが必要な計算になる場合がある。

 

たとえば気象予測をコンピュータで計算するのは、かつては不可能だった。

 

台風の進路を計算するのでさえ、スーパーコンピュータが必要だった。

 

さらに台風による被害を計算で予想しようと思ったら、もの凄い計算になるに違いない。

 

こういう風に、世界に数台しかないスーパーコンピュータでも、何百年もかかるような計算は山ほどある。

 

こういうとんでもない計算は、実際問題やろうと思ってもできないし、コストパフォーマンスも非常に悪い。

 

そこで、こういうとんでもなく複雑で時間がかかる計算は避けたい。

 

そして、もっと簡単な方法で、大まかな結論を近似的な方法で得よう。

 

こういう考えが「ヒューリスティクス」ということらしい。

 

近似的な方法で、なんとか妥当な答えをだそうというのが、計算機科学におけるヒューリスティクスと言うことらしい。

 

そして似たようなことを、人間もやっているらしい。

 

厳密な検証も行わず、面倒な思考も避けて、簡単に雑に答えを出そうとする。

 

これ自体は計算機科学と同じなのだが、ヒューリスティックな答えが、かなり間違ってるって事だ。

 



人間のヒューリスティクスは、たいてい間違っている

ヒューリスティクスはコンピュータ科学の用語だが、心理学や行動経済学でも、よく使われる。

 

ヒューリスティクスは、複雑で時間がかかるような計算を、もっと簡単に、近似的に行おうと言うことだが、人間の行うヒューリスティクスは、かなり怪しい。

 

人間のヒューリスティクスは、別の言葉で表すと「経験則」という言葉が一番近いが、教育関係の用語の「素朴理論」の方が近いかも知れない。

 

経験則というのは、様々な経験から見つけ出した法則のことで、素朴理論というのは、子供が思い込むような検証が行われていない法則だ。

 

小学校低学年までの子供に、形の異なるコップに、同じ分量のジュースを入れて選ばせると、背の高いコップに入ったジュースを選ぶ子供が多数になる、というようなのが素朴理論だ。

 

ヒューリスティクスで間違えやすい例として有名なのが、次の「リンダ問題」という設問だ。

 

リンダ問題

リンダという女性がいます。
リンダは、次のような女性です。

  • 歳は31歳で、独身です。
  • 非常に聡明な女性で、はっきりものをいうタイプです。
  • 大学で哲学を学び、学生時代は人種差別や社会正義の問題に関心を持っていました。
  • 過去には、反核デモにも参加していました。

ではリンダは今、何をしていると思いますか?
次の二つの選択肢から可能性が高い方を選んでください。

 

A:銀行員をやっています。
B:銀行員で、女性解放運動にも参加しています。

 

この質問は、非常に馬鹿馬鹿しい設問で、可能性が高いのは(A)の方だ。

 

というのも可能性は、

  • 銀行員をやっている
  • 銀行員をやっていない

にまず分かれる。

 

そして銀行員をやってたとしても、

  • 女性解放運動に参加している
  • 女性解放運動に参加していない

と言う風にりに分かれるからね。

 

小学校の算数や中学校の数学で習うベン図で考えれば当たり前だ。

 

ところが不思議なことに、誤答の(B)を答える人の方が多いのだという。

 

こういうのがヒューリスティクスってことだね。


株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★相場師朗の超短期トレードショットガン投資法

★第2位★ラジオNIKKEIでおなじみ相場師朗の株は技術だ、一生モノ!

★第3位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」

★第4位★銘柄選びは不要!日経225で稼げ!FURAIBO225

★第5位★週末イチ時間でお宝銘柄!ワンWEEK副業投資プログラム

★第6位★デイトレで稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

★第7位★日経225ミニ爆益トレードDVDダブルファントムトレード

このエントリーをはてなブックマークに追加
Z会 大学生・社会人の英数講座