あきらめる理由が見つからないと、選べない

あきらめる理由が見つからないと、選べない

選択肢が少なくても、選べない理由

松・竹・梅というメニューがあった場合、たいてい中間の竹メニューが一番よく売れる。

 

特上(とくじょう)・上(じょう)・並(なみ)では、上メニューが一番出るという。

 

これには色んな仮説があるようだが、松や特上などの高額メニューがなかった場合、売れ行きはだいたい半分半分になるらしい。

 

たとえば「上」と「並」の二種類しかない場合、「上」の方が圧倒的に売れると言うことは起こらないんだという。

 

二種類のメニューがあって、それぞれコストパフォーマンスが良ければ、高い方を選ぶか安い方を選ぶかは、そのときの気分や好みの問題と言うことらしい。

 

しかしそこに最上級のメニューを加えると、中位のメニューがより売れるようになり、下位のメニューがあまり売れなくなるのだという。

 

「上」と「並」だとあまり気づかなかったが、「特上」が加わってみると、「並」がみすぼらしく見えてしまい、「上」が輝いて見えてしまうらしい。

 

選択肢が2つから3つに増えれば、決めにくくなるはずなのに、これはちょっと不思議な現象だ。

 

では、同じくらいのレベルの商品が2種類あった時に、それより上位の商品を選択肢に加えると、どういうことが起こるだろう。

 

「特上」「上A」「上B」と言う風な品揃えだ。

 

この場合は、「上A」「上B」のどちらかで迷って、なかなか決められなくなるらしい。

 

「特上」メニューが存在すると、「上A」「上B」のどちらを選ぶかは、「どちらの上メニューが妥協できるか」と言う風に、条件が変わってしまうらしい。



あきらめる理由探し

モノを選ぶというのは、選ばないモノを決めると言うことでもある。

 

そして選択肢が多くなればなるほど、欠点があるモノを除外して、消去法的にモノを選ぼうとしてしまう。

 

「上」メニューが2つしかなかった場合は「どちらが良いかな?」と思って、プラス面に注目して選んでいた。

 

ところが、そこにもう一つ「特上」のメニューが加わると、変わってしまうらしい。

 

特上メニューと比べれば、AもBも見劣りするわけだから、「上A」と「上B」のマイナス面に目が行くようになるのだろう。

 

マイナス面に目が行けば、消去法的な選び方になり、そこで、どちらをあきらめれば良いかと言う風に、判断基準が変わってしまうらしい。

 

そしてあきらめる理由が見つからないと、選べなくなってしまう。

 

そして選べなくなってしまうと、どうするかというと、選択を先延ばしにするか、全部あきらめて、全く別なモノから選ぼうとするらしい。

 

モノを選ぶというのは、それだけ色々悩ましいモノなんだね。

 

さらに、全然別のイベントがあっても、そのイベントが終わるまで、選択を先延ばしにする場合もあるらしい。

 


スポンサードリンク

株式投資必勝法 人気ランキング

★第1位★脱・利小損大!てつやの6つの条件を確認する投資法『株式投資錬金術』

★第2位★ラジオ日経でおなじみ相場師朗の7step株式投資メソッド

★第3位★14日間無料★儲かる銘柄、教えます!即金投資【株ドカン】お宝銘柄配信

★第4位★週末トレード★週末たった1時間の銘柄選び!ワンWEEK副業投資プログラム>

★第5位★日経225ミニ爆益トレードDVD教材「ダブルファントムトレード」

★第6位★株は5日で利益を出せ!「5日株トレード法」全セット

★第7位★デイトレでどうしても稼ぎたい!紫垣デイトレード塾

テクニカル・トレード人気ノウハウ

★ツール★ツールで気楽にトレードトレードサイン生成ツールAlchemy

★中長期投資家必見!株価の天底と転換点が一目でわかるテクニカル指標の使い方

★証券ディーラーの隠し技 山本伸一の板読みトレードテクニック

日経平均頭打ち。帰ってきた山本伸一の空売りピンポイント投資術2

★デイトレードの極み!勝率88.3%の株取引 朝株トレード手法

FX・先物で稼げ! 人気ノウハウ教材ランキング

★第1位★【スマプロFX】スマホ1台で年間7000pips!Smart Professional FX

★第2位★FX歴38年の重鎮!岡安盛男のFX極

★第3位★1億円を目指せるEAシステムツール!ジーニアス・ブレインFX

★第4位★次世代ツール Black AI・ストラテジー FXブラストFX

★第5位★【祝8,000名突破】FXで毎月70万円を稼ぐツール!ドラゴン・ストラテジーFX

このエントリーをはてなブックマークに追加